看護師2万人が過労死レベルの勤務という激務

日本では、なんと、看護師のうち2万人が過労死レベルの勤務を強いられていると言われています。
人員不足を補うための残業をしても、ほとんどをサービス残業にさせられて過労死する看護師も実在します。
人員不足を補うため、休みが取れず、病院に相談しても「大変なのはあなただけではない」と取り合ってもらえないのです。

 

人手不足が深刻な場合、夜勤明けで日勤をしたりという過酷な業務を行っている方もいます。

 

特に民間病院の看護師の話しを聞くと、過酷なシフトで働いている過労死予備軍の方も多いようです。
結局、退職することでしか解決できないため、離職者が多く、さらに看護師不足が深刻化するんですね。
公務員として勤務している場合、民間よりは激務ではないと言われています。

 

それでも、定年まで勤め上げる看護師の方が少ないケースが多いようです。
それは、女性同士の職場で人間関係のストレスも多いからというのが挙げられます。
過労死レベルの激務に加え、人間関係のストレスも大きいのですから、離職者が増えるものそれなりの原因があるからなんですね。

看護師2万人が過労死レベルの勤務という激務関連ページ

どうして看護師になりたい人が多いの?
どうして看護師になりたい人がこんなに多いのでしょうか?子供のころの夢として看護師になりたい方は非常に多いですがどうしてでしょうか?
看護師になるにはどうすればいいの?
看護師になるにはどうしたらいいのでしょうか?看護師になるために重要になって来ることはどんなことでしょうか?
助産院と病院での仕事の違い
助産院と病院での仕事の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?助産師の仕事は多岐にわたるのでどのような違いが存在するのか?

このページの先頭へ戻る