どうして看護師になりたい人が多いの?

どうして看護師になりたい人が多いの画像

以前から「白衣の天使」として女性がなりたい職業として常に上位あがっていた看護師。今は女性だけでなく男性の看護師も増え、いまだに花形職業として人気がありますが、現実はとても厳しいもの。しかしどんな職業でもみんな厳しい世界で頑張っているので看護師だけには限りませんね。

 

でもなぜ今も昔も看護師になりたい人が多いのでしょう。その魅力に迫ってみました。実は看護師を希望しているのは若い女性だけなく、母親世代でも同様で、女の子の親が娘になってもらいたい職業NO.1は看護師なのだそうです。

 

2位薬剤師、3位医師と続くことから、医療関係への就職を希望している人が多いと言えます。当の本人達は高齢化社会を見据えた需要の高さも見込んでいるようです。しかし現実では離職率も高く慢性的な人材不足から、過重労働につながり、医療ミスなどの誘発リスクを避けるために退職。

 

益々看護師不足が進んでいます。

 

一方で給与は一般のOLと比べると年収にして100〜200万円ほど高くなります。就業時間は不規則ではありますが、休日を有効的に使う事が可能です。また日々の患者さんとのコミュニケーションや感謝の言葉に遣り甲斐を感じ、頑張っていこうと思えるのだそうです。

 

 

どうして看護師になりたい人が多いの?関連ページ

看護師になるにはどうすればいいの?
看護師になるにはどうしたらいいのでしょうか?看護師になるために重要になって来ることはどんなことでしょうか?
看護師2万人が過労死レベルの勤務という激務
看護師の仕事というのはかなりの激務ということもあってかなりきつい状態が続いているようなんですね。そのため、看護師の現状はなかなか厳しいようです!
助産院と病院での仕事の違い
助産院と病院での仕事の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?助産師の仕事は多岐にわたるのでどのような違いが存在するのか?

このページの先頭へ戻る