看護師になるにはどうすればいいの?

看護師になるにはどうすればいいの?

看護師は、医療や福祉の現場で欠かせない存在です。人の命を携わり、病気からの回復を助け、病気を予防したり、障害や慢性の病気が悪化しないよう援助したり、健康を維持できるようアドバイスしたり、看護師の仕事はとてもやりがいにあふれています。看護師を目指したいという方も多いでしょう。

 

看護師になるためには、高校を卒業した後、法律で定められた養成施設で3年以上勉強することで、国家試験受験資格を取得します。国家試験に合格して看護師になるというのが一般的です。そのほかにも、准看護師から看護師になる場合は進学コースといわれる昼間なら2年、定時制なら3年間の勉強を経て国家試験受験資格が取得できます。

 

また、中学卒業後に高等学校衛生看護科に進学し、准看護師免許を取得し、進学コースの昼間2年間にすすむ方法は、1番若くして看護師になることができます。現在は、4年生の看護大学で看護を専門的に勉強するという方も増えてきています。

 

看護師になる方法は、いくつかあるので、自分がどんな看護師になりたいのかを考えて方法を選ぶといいでしょう。

看護師になるにはどうすればいいの?関連ページ

どうして看護師になりたい人が多いの?
どうして看護師になりたい人がこんなに多いのでしょうか?子供のころの夢として看護師になりたい方は非常に多いですがどうしてでしょうか?
看護師2万人が過労死レベルの勤務という激務
看護師の仕事というのはかなりの激務ということもあってかなりきつい状態が続いているようなんですね。そのため、看護師の現状はなかなか厳しいようです!
助産院と病院での仕事の違い
助産院と病院での仕事の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?助産師の仕事は多岐にわたるのでどのような違いが存在するのか?

このページの先頭へ戻る